スポーツ&サイエンス、坂詰のメディア・ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『FYTTE』9月号特集のお手伝い

<<   作成日時 : 2007/06/13 23:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

学研『FYTTE』9月号(7月23日発売)で「話題のDVD ビリーズブートキャンプの魅力に迫る!」という特集が組まれることなり、そのお手伝いをしてきました。
DVD中からエクササイズを12点ほどピックアップして、フィッテ読者モデルさんが実際に体験をします。私はDVDの動きを忠実にモデルさんにお伝えするとともに、動きの特徴や効果などについて誌面で解説したり、ビリーズブートキャンプに関する読者からの質問にお答えするというものです。

ビリーさん自体はタエボーなど昔から米国を中心にエクササイズをご指導されていますが、まさか、今日本でこれほどブレークするとは思いませんでした。ビックリです。
これから益々目や耳にする機会が増えるのではないですかね。「デュークさんのブレークに近いものがあるなあ」、というのが私の感想です。

今回の特集でもそうなのですが、今年に入ってから「ビリーズブートキャンプっていいんですか?」といったご質問を、メディア関係の方、一般の方、学生からよく聞かれます。
ダイエットや健康つくりのための手法はたくさんあるほど、運動する側の選択肢が増えるので基本的には良いと考えています。

「ビリーズ・・・」も、若くて体力のある方で好きな方、合う方には効果的な、楽しいプログラムだろうと思います。動き自体はシンプルで、それほど複雑なものは出てきません。DVDの作りもシンプルですが、ビリーさんのインパクト、お弟子さんらの雰囲気で、モチベーションが上がる方も少なくないと思います。
ただし、ピッチ(BPM)が速く、エクササイズとしてはかなりハードな部類に入ることは間違いありません。また部位別で見ると、上半身は肩、体幹部は腹部、下半身は股関節周りの負荷が強いことは覚悟しておくべきでしょう。

自分の体力(の許容範囲)を上回るエクササイズはかえって、マイナスになりますので大部分の方は少し強度を落として行うべきだと私は思います。
ピッチは変えられないので、左右の移動の幅、上下の移動の幅、手や足を伸ばす幅を狭くするといったことで、強度を弱めることができます。
(これ以上のお話は公の場ではお伝えできませんので、ご容赦ください)

私も6月末に「セラバンドエクササイズ」というダイエット本を出しますが、ビリーさんにはとてもかなわないな〜、と思います。(「ビリーズ・・・」はきついな、合わないな、という方には私の本を一度手に取って頂きたいと思います。)







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『FYTTE』9月号特集のお手伝い スポーツ&サイエンス、坂詰のメディア・ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる